住宅ローンの借り換えは難しい!?

私が現在のマンションを購入して数十年がたった。
悲しいことに私がマンションを購入した時はマンションは今の価格より倍以上?の高値だった。
今では売ったとしても数百万にしかならない。
今マンションを売って残っているマンションの住宅ローンに投入してもわずかな減額にしかならない。
悲しい現実だ。
でも、頭にくるのが最初にこのマンションの住宅ローンを組んだ銀行が今まで一度も借り換えの話を持ってこないこと。
確かに今のままほっといた方が多額の住宅ローンを返済するわけだから銀行にとってお得なわけでしょうがお客の利益を考えない銀行もおかしいのではないか。
他の銀行にローンの借り換えをお願いするとは思わないのか?まぁ、確かにその銀行とは全然、お付合いといえるような対応はしていないわけだすが。
というわけで住宅ローンの借り換えを他の所で行う方向で考えてみよう。
といってもいざ、住宅ローンを借り換えるといっても、どこがいいのか?よく分らないのが私の現実だ。
金融機関の住宅ローンを比較するのに一番、分りやすいモノは金利だ。
金利は数字だし、低いほどお得ということは誰でも分るわけだ。
ということでネットや新聞、雑誌などで金利比較してみるのが得策だ。
単に金利が安くて手数料などがお得にするという点で考えればネット銀行系がお得そうですなぁ。
でも、ネット銀行系はやっぱりちょっと、信頼というか、そんなことはないけど大きな金額のやり取りをするにはちょっと気がかかる感じがする。
実際はそんなに心配することはないとは思いますけど。
現在、ネット系の銀行の口座は持っている私ですので、その便利さは分っているつもりです。
ちなみに頭にきている現在、住宅ローンを組んでいるのは地方銀行ですが、地方銀行系も住宅ローンには力を入れているので、お近くの金融機関という信頼と馴染もあるし。
ちょっとぐらいの金利はいいか?と感じちゃうわけです。
それではイカンでしょ!
店舗運営費用がないネット銀行が金利ではお得だ。
住宅ローンといえば人気なのがフラット35。
フラット35は続いていくそうなのでこれを利用することになるわけだがさらに金利の低いフラット20という手もある。
そのヘンを深く考えねばならない。
現在は住宅ローンは35年ローンで十数年ハラってきたわけでさらに35年に期間を延長して支払うというのも考えなイカンですから。
日本の借金も現在の世代で支払うのになぜか?こだわっていますからねぇ。
まぁ、住宅ローンの借り換えは絶対やりたいので各金融機関の金利比較はチェックしておくのは最低やらなイカンことでしょうなぁ。